ショッピングで使う英語フレーズ

kaimono

海外旅行の醍醐味といえばショッピングや観光ですよね。

日本人は海外旅行に行き開放的な気分になるとついつい気が大きくなってしまうので、必要のない物まで買ってしまうなんて事があると思うのですが、それもまた旅行です。

気分転換にもストレス解消にもなるショッピングで片言の英語を話すよりも、少し英語を勉強していったほうが断然楽しいはず。

せめて困らない程度の英語フレーズぐらいは覚えていきたいところです。

買い物で必要なフレーズは、商品を探す、それを選定する、価格をみて購入するか決める、購入する。

と、そんなに多くありません。

店員さんの話すフレーズは覚えずに自己主張のフレーズを中心に覚えるだけですので、応用を効かせて覚えたいフレーズは商品選定の部分だけでしょう。

服屋さんなら、サイズをみて欲しいとか、少し大きめの物はありますかとか、その商品の特徴とその特徴が自分の欲しい物とあっているか、その辺りに応用が必要になってきます。

店員さんは

How may I help you? いらっしゃいませ、何かお探しですか?

と決まり文句を言ってくると思うので、それに対しての自分の自己主張を覚えていきましょう。

店員さんのいらっしゃいませは特に決まりが無いので、Howを付けずに

May I help you? だったり、What can I do for you? だったり表現は多様なのですが、店員さんが一発目にお客様にかけてくる言葉など、聞かなくても何が言いたいのか分かるはずです。

ここが相手の言うことを覚えなくて言いと言う私の持論なのですが、まあ、大概予想通りですよ。

ここから自分の主張を言いましょう。

まず、最初に覚えておきたいのがこれ

I’m just looking. Thank you.  (とりあえず見てるだけです。ありがとう)

ウインドーショッピングや、何を買うか特に決めていないときには店員さんにハッキリと言いましょう。

Thank you. をつけるのは忘れずに!!

これを付けないと「見てるだけー」になっていまい感じ悪いですよね。

ではお目当ての商品を聞くときのフレーズを2パターン覚えます。

I’d like a 欲しいもの.    ~が欲しいです。

Do you have 欲しいもの?  ~はありますか?

これどっちでもOKです。

I’d like は I would like の略で、I want の丁寧版だと思ってください!!

この欲しい物の部分は色やサイズなども入れることが出来ますので、

商品に指を指しながら

Do you have this in red?  これの赤あります?

Do you have a smaller size?  これより小さなサイズはありますか?

のように使うこともできます。

Do you have~だけ覚えたらあとは、大きい、小さいなどの特徴を英語で覚えておくといいでしょう。

ちょっとまとめときますね。

bigger size  より大きい

smaller size より小さい

tight ぴったりした

short 短い

long 長い

loose ゆったり

どれも小学生でも分かりそうな単語ですよね。

日常英会話ってホントにこんなかんじなんですよ。

色は書かなくても分かりますね!!!

次に試着です。

これを来てみたいのですが。。。と言うときには許可を求める訳ですからCan I ~で始めます。

Can I try this on?  これを試着してもいいですか?

決まり文句なんで覚えちゃうのがいいですけど、試すは「try」となんとなく分かると思うのでもう今覚えたと思います。

this on が覚えられなそうですが、最悪忘れてても

MaY I try……..と言えば察してくれますので問題ありません。

このように英語は重要な言葉から先に話す言語なので、中途半端に覚えていてもけっこう通じます。

英文の最後の方は副詞が来ることが多く、その多くは時や場所などです。

最悪覚えなくてもいいですし、適当に単語を並べれば通じます。

英会話を覚える際に、日本人はみな文法通りに綺麗な英語を覚えようとしますが、それが失敗の元です。

英語とは一体何の為に存在するのでしょうか?

言語、つまりコミュニケーションをトリための道具です。

綺麗な英文を覚えようとするあまり、コミュニケーションが取れないなんて本末転倒でしょ???

間違っていても笑われません。

意志を伝えるものだと言うことを忘れずに英会話を勉強して欲しいと思います。

勉強と言う言い方も本当は間違ってますよね。。。。。。。

では次に、その商品に決めたと仮定しましょう。

次に何を言いたいですか???

ここでよく出てくるフレーズは

That’s Expensive!!!!!!!!  高すぎない!!!

です。

でもこれ、露天の価格が適当な商品には使えても、一般的なショップでは使えませんしこんなこと言わなくても最初から値切ればいいわけですし・・・

アジアの国などで値切るのもまた醍醐味ですからね。

そんなときはこういいます。

Could you give me a discount?  もうチョット安くならない?

Could you~は何かを頼むときに使うフレーズで Would you ~と同じ感じです。

give me は私に与えてくださいで、discountは安くですね。

discountストアーとおぼえちゃいましょう。

まさにその意味ですので。

で、商品を決めたら

I’ll take this one. これください

と言います。

Can I have this? これもらえますか?でもOKです。

覚えやすい方で覚えてください。

spay

あとは支払いだけです。

カードで支払うのか、現金で支払うのかだけですね。

トラベラーズチェックと言う人もいるのかなああ・・・・・

まあ、いずれにせよ支払います。

ここでカードを持ってればそれをみて使えるか使えないか言ってくるとは思いますが、一応きいてみましょうか。

Do you accept credit card?  カード使えます?

credit card OK? でもいいです。

オッケーと言われればカードを渡すだけですし、ダメなら現金で支払って終了ですね。

I’ll pay with cash.  現金で支払います

も覚えとくといいかもしれませんが、まあ使いません。

レシートをもらえない場合は

May I have a receipt, please?  領収書をください

と言いましょう。

May I ~は許可を求めるでしたね。

領収書は a receipt です。

なんか日本だとレシートと領収書が別物な感覚があるのですが同じですので。

have を忘れちゃっても問題無く通じると思いますよ。

私もたまに単語を忘れちゃう時があるのですがゴニョゴニョでがまかします。

May I ゴニョゴニョ a receipt, please?

ッて感じです。

相手も大体何を言ってくるかわかっているので、問題なく理解してくれるでしょう。

会話なんて良い加減なもんです。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です