疑問、質問を素早く答えてくれる個別指導がベスト


出張先や海外などで嫌でも英会話をしなければならない場合があります、文法は理解出来ても会話がダメというのが、

私の現実で、ほとんどの場合通訳さんを雇うか、同僚に任せっきりでした。

英語の勉強をしたいとは思っても30台半ばになると中々時間もありませんし、何より今さら英会話の勉強をしたところで頭に入れるのは無理だろう…と、言い訳を自分自身にしていたのです。

ただ常に劣等感は付きまとっていて、仕事への負担にもなってきていたのもあり、一念発起し30代半ばという年齢から英会話をマスターすべく勉強を始めました。

とは言っても、どうやって勉強していいか分からなかったので英会話がペラペラな同僚に相談して、長期的に英会話に慣れていくことにしました。

まず、私がやり始めたの事は、出来る限り個別指導をしてくれる英会話の先生を探すことでした。

出来れば日本人ではなく、日本に住み日本語も喋れるネイティブな英語を教えてくれる外国人の先生、理由は明確にあります、日本語と英語では舌の動かし方が違うので、日本人の喋る英語は海外の方から言わせると聞き取りにくいのです。

折角喋れるようになったのに、恥ずかしい思いをしたくはありません、なので妥協せず外国人の先生を探しました。

住んでいる地域が学生街ということもあったので、苦労することなくあっさりと英会話の個別指導をしてくれる外国人の先生が見つかったので、運が良かったと思います。

外国人の先生と、生の英語の会話をすることは、とても有意義であり、英語を吸収できる速度が段違い、疑問、質問などは日本語で教えてくれますし、私に自身に合ったレベルから始めることが出来るのも良かったです。

フランクな日常会話が出来るというのも、とても助かりました。

ビジネスに限らず、英会話は教えられている英語をそのまま喋っても理解されないことがあります、(国や州で変わってきます)

私達が学校などで教えられていた英語は極端な話、子供向けの英語だと理解しておくと良いかもしれません、分かりやすく、幼稚な英語です。

日本で教えられた英語を喋ると恥ずかしい思いをして、下手をすればトラウマ化なんてことも実際にあります。

周3日で指導時間は1時間を半年続けた結果、当初は、先生ともタドタドしい会話しか出来なかったのですが、半年経った頃にはネイティブに喋れるようになったのです。

元々ある程度は英語に対して耳が慣れいた、慣れやすかったというのあったとは思いますが、この年齢で半年で、日常程度なら不自由なく英会話が出来るようになったのは、教材などに頼らず、生の英語を習ったからだと思います。

本場の英語を聞けるという環境作り、そして疑問や質問があったら日本語で応対してくれる外国人の先生、英文法よりも英会話を重視したい人には、これが英会話を最短でマスター出来る道だと思っています。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です